• 夢と約sa束の歴史

    人生を理解する一つの方法

    1982年にベガ・シシリアがアルバレス家の人生の一部となり、テンポス ベガ・シシリ

    ア誕生の基盤が築かれました。それ以来、今日にいたるまで、さまざまなワインの生産地域で醸造されたワインの採用、世界中の新たな消費者へのアプローチ、明るく成功に

    満ちた将来を目指した基盤作りをするなど、堅実かつ安定した成長を遂げてきました。

  • ベガ・シシリア

    1982年4月、アルバレス家が、前オーナーであるベネズエラの企業家ハンス・ネウマンからベガ・シシリアを買収。この買収により、ワインはその新規事業計画の中核を成すようになります。

  • アリオン

    アルバレス家はアリオンを設立。古典派のベガ・シシリアとは大きく異なるスタイルが楽しめる、モダンで現代の好みに合ったワイン。兄弟会社からわずか15km、同じ原産地呼称地域に誕生し、リベラ・デル・ドゥエロにおけるワイン造りのターニングポイントとなりました。

  • オレムス

    ハンガリーで社会主義が崩壊したわずか3年後に、トカイ・オレムスを設立。このワイナリーでは、歴史に対する尊重、そして世界有数のワインの伝統が、近代化とアルバレス家によって導入された技術革新と一つになっています。

  • ピンティア

    ドゥエロ川の流れに沿ったトロ地方に、ピンティアを設立。ドゥエロ川河岸でアルバレス家が展開する最近の事業計画。この設立により、ワインの生産事業の視野を広げることが可能になりました。

  • マカン

    12年にわたる事業計画を経て、ベンジャミン・ド・ロスチャイルド&ベガ・シシリアによりマカンが誕生。世界で愛されるワインの2大ワイナリーが手を結び、原産地呼称リオハに設立され、偉大なワインを取り揃えた将来を約束しています。