世界遺産、トカイ・へジャリア地方 

ヨーロッパの中心 

トカイは、この街の名前が付いたワインを生産している地方の中枢都市。ハンガリー北東部、独立国家である今日のウクラニアとの国境にほど近い、ゼンプレン山すそ、ボドログ川の河岸にたたずんでいます。同じくトカイという名がつく地方には、総面積7000ヘクタールに及ぶブドウ畑が広がり、27の市町村があります。この地方は三角形をしており、西側の角はアバウイサーントー、南側の角はトカイ、そして東側の角はシャートラリヒャウィヘリの各都市が占めています。トカイのワイン産地トカイ・へジャリア(トカイの黄金山脈)は、2002年にユネスコの世界遺産に登録されました。