トロ、ワインの故郷

ドゥエロ産ワインのもう一つの表現 

トロ地方のワイン造りの伝統は、この地域で発掘された出土品や遺跡から確認されているように、ローマ帝国による支配以前にさかのぼります。その名声は中世、12世紀から13世紀にかけて広がり、トロ産ワインに王室特権が付与されています。また、アメリカ大陸の発見でコロンブスと一緒に大西洋を渡ったワインであり、20世紀初めにブドウネアブラムシ(フィロキセラ)の被害を受けたフランスにワインを供給した地方の一つだったことを誇りにしています。