直感を信じた男

...そのため、「大地」と「時」は人間の助けを必要としていました。その目となり、手となり、自然のリズムを尊重しながら畑を耕してくれる誰か...

閉じる
閉じる
  • - Pablo Álvarez -
    最高経営責任者

    パブロ・アルバレス・メスキリス(1954年ビルバオ)は、テンポ スベガ・シシリアの最高経営責任者。兄弟と並んでアルバレス家同族会社El Enebroの共同オーナー。現在、欧州最大の品揃えを誇るワイン商社Europvin社長。

    ビルバオとヒホンの私立高校で高等学校教育を修了、マドリードの大学Centro de Estudios Universitarios de Madridで学位取得(法律)、マドリードのIEビジネススクールで企業法務コース修了。

    パブロ・アルバレスは、Eulen社でさまざまな職務を歴任後、1980~2009年まで同社取締役。1986年ボデガス・ベガ・シシリアのゼネラルマネジャー、1990年同社最高経営責任者に就任、現在に至っています。

    パブロ・アルバレスは、30年間ベガ・シシリアの指揮を取り、ワイナリーを世界で名高いユニークなワイングループに築き上げました。ワインの品質を著しく改善させ、将来を見据えてブドウ畑を復元、ワイナリー4社‐アリオン、ピンティア、オレムス、ボデガス・ベンジャミン・ド・ロスチャイルド&ベカ・シシリア‐を設立、また全ブランドの成長と海外進出を推進しました。

    とにかく パブロ・アルバレスは決して満足することのない完璧主義者で、二言目には「最高のものはまだ仕上がっていない、最高のヴィンテージは次に違いない」という言葉を繰り返しています。

  • - Marta Álvarez -
    社長

    マルタ・アルバレスは、ベガ・シシリアのオーナー家族の一員で、現在、ワイナリー・グループの最高責任者。品質を絶対に大切にすることに全力で取り組み、「テンポ スベガ・シシリア」のワインを心から称賛する気持ちを抱き続けています。この社長と共に、アルバレス家によるワイン醸造事業計画の最新プロジェクト、マカンが加わっています。これはベンジャミン・ド・ロスチャイルドとの共同事業です。

  • - Antonio Menéndez -
    ゼネラルマネジャー‐営業・マーケティンティング担当

    アントニオ・メネンデスは、グループのスペイン国内外の営業展開を統率し、企業およびワイナリーそれぞれのマーケティング分野を指揮する他、企業の中期および長期経営戦略を立てることを目的として、2015年3月にベガ・シシリアに入社。17年以上のキャリアを誇り、ジェネラリストおよび飲料水、高級品、娯楽、化粧品等各種業界の大量消費財の営業担当として活躍。マドリード自治大学で企業経営管理学の学位を取得、バークレイ大学(カリフォルニア)大学院修士課程修了、ナバラのIESEビジネススクール経営開発プログラム修了。

  • - Gonzalo Iturriaga -
    技術部長

    ふとしたきっかけで、自分の未来はワインにあり、夢中になって打ち込んで仕事を楽しめると予感。マドリード工科学大学で学位(農学)を取得し、モンペリエのE.N.S.A.でワイン醸造学を学んだ後、リベラ・デル・ドゥエロの同族経営ワイナリーでキャリアをスタートさせます。Bodegas Hablaの技術部長に任命され、2009年からはLamothe-Abiet社イベリア地区(スペイン・ポルトガル・ラテンアメリカ)担当輸出部長として勤務。

    今、新たな局面を迎え、ベガ・シシリアが示す品質に対するコミットメントに基づく道を歩むことになります。ゴンサロは、全員参加型グループ作業のあらゆる効率性だけでなく、周囲の人たちから日々学ぶ必要性をもたらしています。また、その若さで、ブドウの個性がその誕生を見守るワインすべてに常に反映されることを目指すという、重い責任感とのバランスを保っています。
  • - András Bacsó -
    オレムス担当マネジャー

    オレムスにおけるアンドラス・バクソの役割を超えて、このワイナリーの枠にこだわらず、今日トカイでどのようにワインが醸造されているか、しっかりと見る必要があります。これは、アンドラスの影響力がなければ不可能だったのは間違いありません。トカイの難しいワイン醸造学の第一人者とされ、その技術指導の下、伝統・歴史・偉大なトカイの複雑なアイデンティティに驚くほど忠実に、オレムスのワインが進化してきました。

  • - Emiliano Yagüe Marín -
    最高財務責任者兼総務部長

    夏の間だけ仕事をしたら、その後学業に戻ろうと考え、1974年に15歳でベガ・シシリアに入社。しかし、個人的な都合とワイナリー経営陣の諸事情により、今日までベガ・シシリアに在職。ベガ・シシリアでの労働生活と社会生活がなければ、個人生活の大部分は謎に包まれ、自分にとってすら想像の世界だったに違いないと、断言しています。

    本人の言葉によれば「自分の全人生には、この極めて偉大なワイナリーでの長い年月がしみこんでいる」。1979~1982年、かの有名なワインの「定数枠」を含めた、営業管理部門責任者を担当。1984年、総務部長に任命され、1992年には最高財務責任者兼総務部長に昇進。しかも1992年以降、ワイナリーグループ全体の「共同」代表取締役を兼任。バリャドリード大学卒、財務に関する複数の専門分野を修了。特にワイナリーについては、スペイン初の専門講座、バリャドリード大学一般財団開講のワイナリーの経営管理に関する大学公開講座(2000年第1期生)を受講。

  • - Enrique Macías -
    ブドウ栽培部長

    2003年、ブドウ栽培部長として幹部スタッフに採用されました。ブドウ畑だけでなく、その他の農学分野の指揮を取るその仕事は、ワインの改善および各ワイナリーの既存の樹木栽培事業計画の導入にあたり、決定的な役割を担ってきました。大地、そして日々接する環境に対する情熱と敬意をにじませ、世界有数のブドウ畑に改善の余地があれば、それを実現させています。