閉じる
送信する

PDFの送信完了

送信する
閉じる
送信する

PDFの送信完了

送信する
  • アスーワイン(アルコール度が高い涙のあるワイン)の醸造は綿密な工程で、相当な忍耐と幅広い知識が要求されます。自然が、夏の終わりの雨と初秋の風と晴天に恵まれた期間を保証する、良質なヴィンテージでしか造ることができません。この気象条件は、ブドウの貴腐化に欠かせません。水分で膨張した果粒の果皮が破れ、その果皮に「ボトリティス・シネレア」という菌が定着し、貴腐化が起こります。

    その醸造には、何百年も前から同じ製法が使われ続けています。

    「Gönc」という樽に入る搾汁、つまり搾汁136リットルに、23kg用のブドウ籠(ハンガリー語で「プットニ」)を使って貴腐果アスーを3、5または6杯分加えます。貴腐果アスーを搾汁と一緒に浸漬し、果粒が膨れるよう1~2日放置したら、圧搾器にかけます。

    アスーからとれる搾汁の発酵は時間を要する工程で、時には2カ月も続くことがあります。これを木樽に入れ、保護された圧搾器に置き、発酵が自然に終わるのを待ちます。この段階で、エッセンシアを少量加えます。これは、アスー果粒から一滴ずつ集めたものです。この作業により、エッセンシアに姿を変えた、その魂を象徴的に取り戻させます。

    アスーワインの熟成は、136リットル入り(「Gönc」という樽)と220リットル入り(「Szerednye」という樽)の小型の木樽で行われます。樽の製造には、ワイン生産地の境界となっている山のオークを使用しています。アスーワインの熟成は、火山性土壌を掘って設けられた地下醸造所で行われます。常に一定の温度と湿度に保たれ、ワインはここで2~3年間熟成されます。ボトル詰めをした後、オレムス・アスーはボトルでさらに1年熟成されます。こうして、数十年続くかもしれない進化の長いプロセスを歩み始めるチャンスが与えられるのです。

    Oremus Aszú 6


    続きを読む
    ワインリスト
  • 伝統の偉大さ

    アスーワインは、偉大なワインのこのワインのラインアップで差別的要因となってます。伝統と革新、卓越性をひとつにし、どこにもない独特な土地に根を下ろす極上のワインに仕上がっています。 

    オレムスは、時間の報い、経験と知識の報い、ワインという芸術の真のノウハウ、これらすべての象徴であり、模範でもあります。

  • 戻る